これからの時代の働き方_これからの営業とは

No comments

最近いろんな人から、これからの時代のこととかこれからの働き方についての相談を受けるのですが、改めて考えてみるともう年齢って関係ないんだなぁって思います。
今日も年上の方から相談を受けました。でも年上も年下も関係なく、お互いに学べることがあれば吸収するし、逆に教えられることがあればシェアをする。
年齢以前に上下関係自体が無くなってきているように思います。

そんなこんなで今日受けた相談について、個人的に興味が湧いたテーマ【営業】を掘り下げてみます。

------

大手企業を始め多くの業界で未だに”価格競争”がされていますが、これを続けていると経済だけでなく人間も疲弊してくるのは周知の事実です。
経済学で言えば「価格競争は必ず下げ止まる」という統計データが出ていますが、既にインターネットによる販売が激化している現代では本当に通用するのでしょうか?
いずれにしても、いままでのような価格競争をしていては前途多難であることに変わりません。

だからと言って「地元の人が売っているちょっと高いもの」を買えば良いかというとそう簡単にはいかないのが現実です。

【営業ってなんだろう?】

って考えた時に。
営み=生き方、暮らし方、ライフスタイル
業(ワザ)=能力、価値、経験、知識
みたいな意味がある気がしていて、いままで言われている「営業」とは全く別物なんじゃないかと思いました。
 
営業に行ったら商品を売るんじゃなくて、自分の生き方とか暮らし方、そして、そこから生まれた価値とか経験とかを提供することが【これからの営業】の在り方。

態度経済という言葉がありますが、これからはまさに「あんたの生き方気に入ったよ!その生き方にお金を払う」っていう様な経済の形がどんどん増えてくる気がします。

インスタントに、オンデマンドに手に入るものであれば、科学技術の発展による恩恵にあずかれば良くて、僕らのようなリアルな人間が扱う商品は人間そのものだったりコミュニティーだったりするのではないでしょうか。

そういう意味では「今日、あなたに会えて良かった」って言ってもらえる様な生き方を心掛けていくのが、自分にとっても周りの人にとっても豊かになる生き方の様な気がします。

時代が動いていく中で、経済のあり方、働き方は確実に変わっていきます。
…あなたはどんな風に働いていきたいですか?

Facebook Comments Box